動画&写真ファイルを読み込んで並べる

1、動画&写真ファイルを指定して読み込む

動画編集の最初の一歩は、作成する「素材」となる動画や写真ファイルを読み込む(取り込む)こと。その素材を「クリップ」などと言うこともあります。

読み込む動画は一本だけでもいいですし、複数でもいいです。また動画と写真を混ぜたり、写真だけを何枚も並べて動画にすることもできます。

無料ソフトで動画や写真を読み込む

読み込むファイルを指定する方法は2つあります。
ひとつは作業メニュー「ホーム」タブの ① 「ビデオおよび写真の追加」を左クリックしてファイルを指定する方法、 もうひとつは、空のタイムラインの真ん中にある ②アイコンを左クリックする方法です。

どちらも同じなので、好きなほうで大丈夫です。 初回の読み込み以降は、①「ビデオおよび写真の追加」メニューからになります。

無料の動画ソフトでビデオおよび写真の追加

複数のファイルを一度に指定する場合は、「ビデオおよび写真の追加」を左クリックし、選択画面にて 「Shiftキー」もしくは「Ctrlキー」を押しながらファイルを左クリックして選んでください。 また、動画&写真ファイルは、ファイル名の順番に自動的にタイムライン上に並びます。

試しに再生画面の「再生ボタン」を左クリックすると、並んだ複数の動画がその順番で再生されます。特に順序変更やカット編集が必要ない場合は、それで「プロジェクトの保存」「ムービーの保存」をすれば完了です。

2、ドラッグで並び順を変更する

読み込んだクリップの順番を変えるには、タイムラインで該当クリップをドラッグ&ドロップします。

ドラッグで並び順を変える

 

途中に ①白い四角い穴が縦に並んでいる場所がいくつもあると思います。 フィルムの「送り穴」を模したもので、この送り穴から送り穴までが一個の動画クリップです。 動画クリップの場合、見た目は写真が並んでいるようになっています。

 

四列目の途中からは送り穴がありません。これは ② 写真ファイルです。 写真ファイルは読み込むと1枚7秒の長さでタイムラインに並びます(後で時間は変えられます)。 上の画面キャプチャでは3つの写真クリップが並んでいます。これも動画クリップ同様一番最初だけ鮮明です。

動画編集でクリップの入れ替え

 

クリップの上を左クリックすると、③ 周りに水色の縁がつきます。 これでクリップが選択された状態なので、そのままドラッグして 挿入したい場所まで移動させ、ドロップします。

3、不要なクリップを削除する

不要なクリップを削除する

クリップを選択して、キーボードの ④「Delete(削除)キー」で削除してください。 Windowsムービーメーカー上で削除しても、もともとPC内に保存されている 動画ファイル等は削除されません。

右クリックで動画クリップを削除

選択したクリップの上で右クリックすると メニューのミニウィンドウが開くよ。 そこでも、そのクリップを削除したりすることが 出来るから、覚えていたら便利だよ!

次のステップへいこう

カット操作の基本操作を覚えよう!

 

Q&Aコーナー

みなさんが余興ムービーやサプライズムービーを作る上での疑問点をプロの視点より問題を解決します。お気軽に疑問をお寄せください。

※こちらのコーナーですがなるべく迅速にご回答をお送りしますが、仕事が立て込んでいてすぐに対応が出来ないケースもありますので予めご了承ください。また、あなたのお悩みが他の方も困っているケースも考えられますのでいただいた質問を元に当サイトのよくある質問のページに追加をさせていただくケースがあります。

余興ムービーやサプライズムービーを作る上での疑問点

動画制作の疑問を解決したい人はこちら