余興ムービーを簡単に作る方法!ウインドウズムービーメーカー編

メッセージムービーとは?

メッセージムービーとは、新郎さん・新婦さんへのメッセージを、たくさんの人から集めて繋ぎ合わせたムービーのこと。

披露宴の余興としてはもちろん、新郎さんから新婦さんへ、新婦さんから新郎さんへのサプライズでよく作られるムービーです。

メッセージムービーの作り方はとってもシンプル! みんなからムービーを集めて、それを順番に繋ぎ合わせ、テキストやBGMをつけるだけで完成します。

編集作業自体はそんなに難しくないメッセージムービー。では、メッセージムービーの質は何で決まるのでしょうか??

それは、「みんなから集めた動画」の質!集めた動画の画質が悪かったり、メッセージが皆同じだったり、 暗くて顔が見えにくかったり…そんな質の悪い動画ばかりでは、いいメッセージムービーは作れません。 もちろん、編集でどうにかすることも不可能。

「メッセージムービー作りは、動画集めの段階で全てが決まる」と言っても過言ではないのです!

1、メッセージムービー作りの落とし穴

最悪な事態を回避するためには、質の悪い動画が集まってしまわないように、動画撮影をお願いする段階で「気を付けてほしいポイント」を伝えておく必要があります。
 「そんなこと注意しなくても、みんなちゃんと気を付けてくれるんじゃないの?」と思ってしまいますが、そんなことはありません!撮り直しをしなくてもいいように、事前にしっかりと伝えましょう。 

2、動画の準備

<メッセージムービー集めで伝えておきたいポイント>

①撮影の向き

【 メッセージムービー集めで伝えておきたいポイント ① 縦?横? 】

余興ムービーでスマホで写真や動画を撮影するときの注意点

物凄く基本的なことですが、縦で撮って欲しいのか、横で撮ってほしいのかは必ず伝えておくべきポイント。

ムービーを編集したことのある人なら直感で「横だな」と分かりますが、縦の方が人物の納まりがいいので、 縦で撮っちゃう人が結構います。編集の際にトリミングして縦横を変えることもできますが、 一人だけやたらアップになってしまって不自然。絶対に「横(縦)で撮ってね!」と伝えておきましょう。

②長さ

【メッセージムービー集めで伝えておきたいポイント ②長さ 】

余興のメッセージムービーを作るときの長さについて

動画撮影をお願いする際に、「〇〇秒くらい欲しい」と必ず伝えておきましょう。

短すぎたり長すぎたりする人がいると、ムービーのテンポが悪くなります。 そして、動き出しや喋り出しの前後は必ず【3秒の余裕】をもって撮ってもらうようにしましょう!

動画スタート直後から話し始めると、編集で繋ぎ合わせるのが大変! 「3秒数えてから喋って、喋り終わったらそのまま3秒止まってね♪」と一言伝えておきましょう。

③画質

【 メッセージムービー集めで伝えておきたいポイント ③画質 】

スマホで余興ムービーを作るときの画質について

メッセージムービーは、披露宴会場の大きなスクリーンで流されます。 TVの何倍もの大画面だからこそ、動画の画質の粗がとっても目立つ…! メッセージムービーの動画が荒くなってしまう原因は2つあります。

1つ目は、「インカメで撮影する」こと。自分ひとりで撮影する場合、どんな風に映っているか確認するために、 インカメを使いますよね。でも、インカメは外カメより画質が落ちるので、できるだけ避けるべき。 誰かに撮ってもらうか、きちんとセッティングして外カメで撮ってもらうようお願いするのがベターです。

画質が落ちる原因の2点目は、「LINEで送る」こと。 たくさんの人から動画を集める場合、LINEで送ってもらうのが一番楽ですよね。 でも、LINEはデータを圧縮して送っているので、LINEを経由しただけで画質がかなり落ちてしまうんです…! LINEよりは手間がかかりますが、撮影してもらった動画は『ファイヤーストレージ』や『宅ふぁいる便』などで 送ってもらうようにしましょう。

無料で会員登録もいらず、スマホから使えるので、大変ではないはず! これで、高画質のキレイな状態でダウンロードすることができます。

無料で動画が送れるサービス

● ファイアーストレージ http://firestorage.jp/

● 宅ふぁいる便 https://www.filesend.to/

④内容

【 メッセージムービー集めで伝えておきたいポイント ④内容 】

メッセージムービーのコメントの集め方のポイント

ただ「〇〇ちゃんへのお祝いのメッセージが欲しい」とお願いしてしまうと、「結婚おめでとう」「お幸せに」などのありきたりなメッセージばかりが集まってしまうことがあります。

一人二人ならいいですが、大半が同じ内容だと流石に寂しいですよね…。

メッセージ内容が被らないように、「〇〇ちゃんのいいところ」「〇〇ちゃんの尊敬しているところ」など、テーマを決めてお願いするのがおすすめです。面白いテーマ設定にすれば、盛り上がるかもしれません。

テンプレートを決めて、撮影をお願いしましょう。

~~《テンプレートの例》~~
◆テーマ:〇〇ちゃんの好きなところを一言!
◆撮影はスマホを横長でお願いします!
◆長さは10秒間ぐらいでお願いします!
◆前後3秒間の余裕を持って撮影してください!
◆スマホで撮影する場合は、インカメではなく外カメを使って下さい!
◆動画の共有はLINEではなく、ファイヤーストレージ等を利用してください( URLを教えてください )
◆その他注意事項( 上半身のアップで、スケッチブックにメッセージを書いて、ポーズをとって、など )

3、BGMの準備

市販の好きなBGMを自作動画に使う場合は式場に相談してください。 近年、著作権の問題で、式の動画にも規制があります。

式場によっては、無音の映像に音響スタッフがBGMを合わせることで、 個人の面倒な手続きを省けるケースもあるようです。まずは、式場に相談をしてみましょう。

4、編集の方法

1. 動画を挿入する

最初、もらった動画を順番に入れていきます。

動画や素材を挿入する

ムービーメーカーを開いたら、「ホーム」> ①「ビデオおよび写真の追加」を押して追加していきます。 入れたものはドラッグで移動できるので、後から並べ替えることも可能です。 一度に取り込む際は、動画の名前順に並ぶので、「001.002…」と動画ファイルの名前を変更しておくと便利です。

2. タイトルを挿入する

タイトルを挿入する

「ホーム」> ①「タイトル」を押して追加していきます。  また、もう少しおしゃれなタイトルを入れたい場合は、フリー素材をインターネットで探すのもオススメです。

Lab01(らぼわん) https://www.studio-lab01.com/freebies.html

探すといろいろなサイトがありますが、サイトごとに使用に関する規約が決まっております。必ずよく読み、ルールを守ってください。

3.BGM を挿入しよう

BGMを挿入する

ホーム」> ②「音楽の追加」を押して追加していきます。メッセージビデオのBGMオススメは、こちらのサイトをご覧ください。

Wedding Song .com https://weddingxsong.com/tag/messagevideo/

使用する際は必ず会場の許諾、その後楽曲使用申請が必要となりますので、ご注意ください。

4. 動画のボリュームを調整しよう

動画のボリュームを調整する

 ①「音楽ボリューム」は、ムービーメーカーで設定した音声のボリュームを調整します。

②「オーディオバランス」は、ビデオの音とムービーメーカーの音声の割合を調整します。 どちらにしても、音量を調節することで、ビデオとムービーメーカーの音声のバランスを調整し、聞きやすくします。

メッセージビデオを制作する際、以下の手順で作業を行います。

 

1、 基準となる動画クリップを1つ決め、音声が聞き取りやすいように調整をします。 一旦、BGM(音楽)の 3 緑色のバーをダブルクリックをし、 「音楽ツール」> ④「音楽ボリューム」で音楽を ⑤無音にします。

聞き取りやすいボリュームに調整する方法

 

 

2 、①パソコン本体のボリューム基準値を決め、基準となる動画をダブルクリックし、 「音楽ツール」> ②「音楽ボリューム」を調整していきます。 基準値を決めることにより、全体のバランスがとりやすくなります。 その後、基準のクリップの音量に合わせて、他の動画クリップも調整していきます。

動画全体のボリュームの調整を行う

 

3 動画クリップの調整がすべて終わったら、BGM(音楽)のボリュームを決めていきます。 タイトルとラスト、動画クリップが流れている箇所でボリュームが違いますので、それぞれ調整していきます。 下の図をご覧ください。

ウインドウズムービーメーカーで細かな音量の調整をする

 

まずは、タイトル、メッセージ部分、ラストの間でBGM(音楽)を ③「分割」をします。タイトル部分はメッセージが流れる前なので、BGM(音楽)のみで100%になります。

メッセージ部分は言葉が聞き取りやすく、うっすらBGMも聞こえる割合に調整します。 85%、15%はあくまでも目安ですので、基準にした動画クリップを再生しながら、 「音楽ツール」> 「音楽ボリューム」でBGM(音楽)のボリュームを上げていってください。 そして、ラストの部分でBGM(音楽)のボリュームを100%に戻します。

 

4 全体の調整が終わったところで、基準となる動画クリップ以外を調整していきます。
調整するクリップをダブルクリックし、「音楽ツール」> 「音楽ボリューム」で微調整していきます。 メッセージの音声が大きい場合は、ボリュームを落とし、メッセージの音声が小さい場合は、ボリュームを上げ、 基準となる動画クリップに合わせてください。

 

5. 切り替え効果を挿入しよう

切り替え効果を挿入しよう

動画を選択した状態で、「アニメーション」>「切り替え効果」を左クリックします。
切り替え効果「コンテンボラリー」を使用すると、仕上がりが少しおしゃれな感じになりますが、
使いすぎると見づらくなるので、こまめにプレビューしながら作業しましょう。

6. 動画を書き出そう

結婚式用の動画は最終的にDVDに焼きます。 ムービーメーカーではDVDに直接焼けないので、一旦データで書き出します。

ウインドウズムービーメーカーで動画データに書き出ししよう

 

「ホーム」> ①「ムービーの保存」を左クリックし、②「このプログラムの推奨設定」を選択。 自分がわかる場所に保存先を指定し、③「保存」を左クリックしてください。 これで動画は書き出されます。

 

ーどうしても声が聞こえにくい場合 ー キャプション (テロップ) をつけよう

音声がうまく撮れていないときの対処方法

BGM(音楽)のボリューム、メッセージのボリュームを調整しても聞き取りにくい場合は、 わかりやすいようにキャプション(テロップ)を付けましょう。

輪郭もつけ、見やすいように心がけてください。

 

5、DVDの焼き方

式場にもよりますが、披露宴で流す場合ではDVDにして持っていかねばなりません。 Windows7のパソコンには、ムービーメーカーとの相性がいい「DVDメーカー」というソフトがありますが、 Windows8、8.1、10のパソコンには「DVDメーカー」が搭載されていません。

パソコンのメーカーによってはDVDにするソフトが搭載されていることがありますが、 今回はWindows7でも10でも使用できる「DVD Flick」というソフトをご紹介します。

1. 無料オーサリングソフト 「DVD Flick」 をインストールする

1 http://urx3.nu/I9sL へアクセス。

2 開いたページの真ん中にある、①「ダウンロード」②「直接ダウンロード」を左クリック。

DVD Flickのインストール方法

 

3 ダウンロードが終わったら、③『dvdflick_setup_1.3.0.9_jp_r1』を左クリックしてインストールを行ってください。 その後、インストールが始まります。

DVD FlickでDVDやBlu-rayをやく方法

4 使用許諾契約書の同意で、①「同意する」にチェックし、②「次へ」を左クリックしてください。

DVD Flickの設定方法

 

5 インストール先の指定ですが、そのまま ③「次へ」を左クリックしてください。

DVD Flickのインストールを方法を分かりやすく解説

 

6 プログラムグループの指定も、そのまま ④「次へ」を左クリックしてください。

DVD Flickをパソコンにダウンロード

 

7 追加タスクの選択も、そのまま ①「次へ」を左クリックしてください。

DVD Flick設定方法

 

8 インストール準備完了です。②「インストール」を左クリックしてください。

DVDをウインドウズで焼く方法

9 情報の画面で ③「次へ」を左クリックしてください。

DVDを焼くソフト

 

10 これでインストール完了です。 このまま作業をしますので、①「DVD Flickを実行する」にチェックし、 ②「完了」を左クリックしてください。

DVDを焼くソフトをインストール

2. 「プロジェクトの出力先フォルダ」 名を設定しよう

1 デスクトップにある ③「DVD Flick」をダブルクリックして、「DVD Flick」を起動します。

DVD Flickの起動の仕方

 

2 起動すると ④初期画面が表示されます。まずは、忘れないうちに保存先を決めていきます。 初期画面の右下にある ⑤「参照」をクリックします。

DVD Flick初期画面

 

3 「フォルダの参照」画面が表示されます。 日本語文字を含まない作業フォルダを指定します。 そして 1「OK」ボタンをクリックします。

DVD Flick作業フォルダを指定する

 

3. 書きだしたビデオファイルを挿入しよう

1 エクスプローラーを起動して、該当するビデオファイルをDVD Flick画面へドラッグ&ドロップします。 本来は画面右端の ①「タイトルの追加…」をクリックしてビデオファイルの追加を行いますが、
ドラッグ&ドロップの方が作業が早いです。

DVD Flick動画の読み込みの仕方

 

注意1:
上記で追加するファイル名に日本語文字が含まれると、
この後の処理でエラー(「エンコードエラー等」)になり、処理が中断します。
必ず日本語文字が含まれたファイル名の時は、一旦半角英数字のファイル名に変更して下さい。

例:
変更前 : メッセージビデオ.mp4 変更後 : message_video.mp4

注意2:
追加するファイルが存在するフォルダに日本語文字が含まれていると、 この後の処理でエラー(「エンコードエラー等」)になり、処理が中断します。 必ず日本語文字が含まれたフォルダ名の時は、一旦半角英数字のフォルダ名に変更するか、 新たに「D:¥work2」等の別フォルダを作成して、そこに追加ファイルを移動してから追加処理をして下さい。 マイドキュメント内から追加を行うとログイン名が日本語の時、このエラー現象が発生します。

 

4. プロジェクト設定を変更しよう

1 DVD Flick画面上部の ①「プロジェクト設定」ボタンをクリックします。

DVD FlickのDVDの焼き方

 

2 ②「プロジェクト設定」画面が表示されます。画面左側の ③「書込設定」をクリックします。

DVD Flickのプロジェクトの設定

 

3 ④「プロジェクトをディスクに書き込む」チェックをオン、
⑤「書込完了後にディスクをベリファイする」チェックをオン、そして ⑥「適用」ボタンをクリックします。

DVD Flickの細かな設定方法

 

 

5. DVD作成

1 DVD Flick画面上部の ①「DVD作成」ボタンをクリックします。

DVD FlickのDVDの作成方法

2 警告ダイアログ画面が表示される時があります。
これはビデオDVDを作成する為の以前に作成したビデオ関連ファイルが残っているので、
全て削除しても良いか? と尋ねています。基本的に問題無いので ②「はい」ボタンをクリックします。

DVDを焼く際の注意点

 

3 更に注意をうながす以下のダイアログ画面が表示されます。
DVD-R、又はDVD-RWをCD/DVDドライブへ入れてください。その後で ③「OK」ボタンをクリックします。

DVDをパソコンにセットする

 

4 ビデオファイルの作成が始まりました。DVD Flickは以下の様に進捗状況画面を表示します。 ビデオファイルの量にもよりますが、結構待たされます。

DVDの焼くのにかかる時間

5 次にDVDメディアにビデオファイルを書き込む為に、
DVD Flickインストール時に同時にインストールされた以下の「ImgBurn」が起動されます。
DVD FlickはDVDメディアへの書込み機能を持っていません。
そこで「ImgBurn」に連携してこのソフトでDVDメディアへ書き込みをします。

DVDを焼く手順

6 DVDメディアへの書込みが始まりました。
以下の画面はその進捗状況を表示する画面です。しばらく待ちます。

メディアへの書き込み

 

7 100%になると、CD/DVDドライブが一旦開きます。開くと同時にまた自動的にCD/DVDドライブを閉じます。 そして以下のベリファイ(照合)処理画面に変わります。全ての処理が完了すると自動的に画面は閉じます。

DVDやブルーレイを焼く方法

 

注意:「この時、ノートパソコンを使用している場合は直ぐに手でCD/DVDドライブを閉じてください。 同時に警告ダイアログ画面が表示されますが、CD/DVDドライブを閉じた後にOKボタンをクリックすれば、 以下のベリファイ(照合)処理画面に変わります。

8 ベリファイが完了すると、「ImgBurn」の画面が自動的に閉じます。 「DVD Flick」の画面に戻り、①「閉じる」をクリックします。

DVDベリファイの方法

9 DVD Flickのメイン画面に戻ります。DVD Flickを終了する為に、画面上部右端の ②「×」をクリックします。

DVD完成

 

10 「×」をクリックするとプロジェクトの保存に関して、ダイアログ画面が出てきます。 何度もDVDにすることはないので、①「はい」をクリックして終了です。

 

DVD簡単に焼く方法

 

Q&Aコーナー

みなさんが余興ムービーやサプライズムービーを作る上での疑問点をプロの視点より問題を解決します。お気軽に疑問をお寄せください。

※こちらのコーナーですがなるべく迅速にご回答をお送りしますが、仕事が立て込んでいてすぐに対応が出来ないケースもありますので予めご了承ください。また、あなたのお悩みが他の方も困っているケースも考えられますのでいただいた質問を元に当サイトのよくある質問のページに追加をさせていただくケースがあります。

余興ムービーやサプライズムービーを作る上での疑問点

動画制作の疑問を解決したい人はこちら